憧れの美容師はスクール選びから!専門学校を選ぶポイント

国家試験対策に力をいれているか

美容師になるには国家資格を取得する必要があります。国家資格は専門学校に通学して試験を受ける方法と、はじめからアシスタントとして美容室に就職し現場で学びながら試験対策をして試験を受ける2種類の方法があります。働きながら自分で試験対策をするのは困難なので、多くの人は専門学校に通学して試験対策の勉強をしています。そのため、専門学校を選ぶときは国家試験対策に力を入れている学校を選ぶのがおすすめです。プロの講師から知識を学べるので将来にも役立てることができるでしょう。

美容室の就職先のチェックも忘れずに

はじめから就職したい美容室が決まっている場合は、希望する専門学校の就職先をチェックするようにしましょう。すでに先輩が自分が希望する場所に就職している場合は、対策を聞くことができるので有利になります。また、学校によっては特定の美容室に自動的に就職できる場合もあるので、就職先にこだわりがある人はあらかじめ自分の希望の就職ができる学校なのか忘れずに確認しておくことが大切です。忘れがちな就職率も合わせて確認するようにしましょう。

体験入学には積極的に参加を

希望する専門学校に体験入学がある場合は積極的に参加するようにしましょう。実際に学校を訪問することで、パンフレットやHP上では伝わりにくい雰囲気を体験できるので、入学してしっかり勉強できるのか確認することができます。体験入学では在校生がスタッフとして対応してくれる場合があるので、積極的に話を聞いてみるとよりイメージが掴みやすくなります。専門学校の学費は決して安い物ではないので、事前に自分に合っているか確認して選ぶようにしましょう。

数多くある美容の専門学校の中から自分にあった学校を選ぶには、まずオープンキャンパスに行くことをお勧めします。そこで生の在校生の話を聞き、判断することが大切です。