就業規則の相談するなら社会保険労務士について

既存の就業規則を相談する

社会保険労務士に対して、既存の就業規則の相談することは、労働基準法を尊守するために最適な行為です。企業の就業規則は、労働基準法の改正などに適応していない例もあるので、定期的に見直しをしてもらうことで、就業規則に不備な点はないのか、あるいは、従業員にとって理不尽な規則になっていないのかを確認できます。労働基準法や各種法律について詳しい社会保険労務士に頼むことで、変更点などのアドバイスもしてもらえます。

会社を新しく設立する場合にも役立つ

社会保険労務士が作成する就業規則は、新しく会社を設立する場合にも役立っていきます。起業するにあたって、その経営者が必ずしも労務の専門家であるとは限らず、人によっては労基の法律などの知識が全くないケースもあります。労基に関する知識がなくても起業はできますが、そこで働く従業員のことを考えるのならば、専門家が作った就業規則を使っていくのが一番ですから、これから起業される方も、社会保険労務士に就業規則作成依頼しましょう。

会社の立場に立って考えてくれる

就業規則は会社側にとって著しく不利益な物にならないように、社労士は考慮しながら考えて作ってくれます。まず最初にどのような規則を作っていきたいのか、依頼者側の要望も聞き入れてくれるので、これまで就業規則を作ったことがなく、その都度労働問題に対応していた場合や、残業の賃金などについて、明確なルールを決めていなかった場合にも、就業規則をしっかりと作っておくことで、会社の活動や経営も円滑なものになっていきます。

社会保険労務士の就業規則を用いることで、従業員のモチベーションを向上させるうえで大きな役に立ちます。