意外と簡単に出来る!?相続税の申告を税理士に相談する方法

まずは税理士事務所選びから

相続税の申告を税理士に依頼する場合には、まず最初に事務所選びをするのが最適です。税理士事務所のほとんどが相続税の申告業務に対して対応してれますが、専門性の高い事務所の場合、受け付けていない場合があります。相続税の相談をされる際には、念の為その事務所が相続税の相談に対応しているのかを確認しましょう。確認して相談できるということになれば、すぐにでも、各種書類を持ち寄り税理士に相談して税申告を進めていきましょう。

申告に対する報酬は相続額で異なってくる

税理士に対する報酬は、相続する額によって異なります。まず総資産がそこまで大きい金額でない場合には20万円以下の報酬で申告業務をしてくれますが、相続額が数千万円以上の莫大なものになる場合には、それだけ税申告に対する手続きも複雑になっていくので、税理士に支払うべき報酬もかなり高くなってい行きます。これから相続税に関する申告を税理士にしてもらうなら、こうした申告の報酬に関することも事前に調べておきましょう。

優良な事務所は前段階で見積りしてくれる

相続税の申告業務の依頼に際して、優良な事務所では、必ず総報酬のシミュレーションを行って見積りをしてくれます。見積金額で良いかどうかを必ず依頼者に確認してから、申告手続きにとりかかってくれるので、具体的にどの程度の費用がかかるのかを把握して申告が可能です。相続税の問題を得意とする事務所ならば、総費用をかなり安くすることもできますから、相続税の申告を税理士に任せるなら、相続税に強い事務所に行って依頼しましょう。

お金を払って、相続の申告を税理士に頼むと簡単に手続きができます。自分でもできるのですが、ややこしいためです。