これで安心!?宅建試験を最小限の努力で合格する方法はこれだ!

宅建業法に絞った勉強を進める

宅建士の試験は50問あり、その内35問程度の正答が毎年の合格基準となっています。宅建試験の試験範囲には民法も含まれていますので、実際に全てを勉強しようとするとかなり範囲が広く、非効率的だといえます。ですから効率的に合格を目指すなら、約35点を確実に正解する事を目指す事だと言えます。特に試験では宅建業法からの出題数が最も多く、毎年25問前後が出題されています。更に宅建業法は過去問からの出題がほとんどなので、まずは宅建業法で満点を取る為に過去問を徹底的に暗記しましょう。

民法についての勉強は後回しで

試験となれば満点を目指してひたすら勉強をする方もいますが、宅建試験の場合それはかなり非効率な方法と言えます。それは試験中に民法から出題される問題数に対して、民法の勉強範囲があまりにも広すぎるからです。よって宅建試験合格に向けた重要度では、宅建業法が最も得点しやすい為最重要であり、逆に民法は出題範囲が広い割りに出題数が少ない為、ほぼ勉強をしなくても良いと言えます。試験勉強と言うよりは、余った時間に知識として参考書を読む程度で良いでしょう。

宅建業者必須の5問免除

宅建業に従事している従業員であれば、試験前に数時間の講習を受けると宅建の試験の5問が免除されます。講習は資格取得のスクールで開催されており、事前の申し込みと手数料が必要です。ただ50問しかない宅建試験の内の5問も免除され、もちろんその部分の試験勉強も不要になりますので、かなり価値はあるでしょう。宅建業法で確実に25問を正解し、5問免除申請をしておけばそれで30点は確保出来ます。残り20問から5問正解すればほぼ合格ラインに達します。

宅建の講座は、宅建業法や不動産の賃貸借の実務に関する様々なカリキュラムが組まれており、忙しいビジネスマンや学生でも、数カ月程度で合格ラインを突破することも可能です。