こうやって活用しよう!信用取引の実践テクニック

信用取引をする際に心がけておくべきこと

株取引において、信用取引は運用規模の拡大や売りからの取引開始などが可能になるため、大変有用性が高い手法だとされています。しかし、他方で損失が出るリスクも拡大するために、運用には現物取引以上の慎重さが必要になってきます。信用取引を行うに当たって心がけておかなければならないのは、信用取引のみで利益を出そうとはしないことです。よほど信用取引に特化し、なおかつ利益が出る公算が高い取引システムでも用いない限りは、ほぼ確実に損失しか出ません。

信用取引を現物取引する際のツールの一つとして利用

一方で、現物取引をする際の補助的なツールとして信用取引を運用すれば、利益の確度を高めることが可能です。例えば、株価が上昇している局面での利益確定手法として活用される場合があります。株価の先行きは誰もわかりません。その株価がどう動くかわからない状況では、とにかく今出ている利益を確保しておきたいと思うのが人情ですが、株は基本的に売却してしまうとそこで取引が終了してしまいます。しかし、信用取引で空売りを並行しておけば、利益を確保しつつ株を保有し続けることが可能になるのです。

信用取引ならではの裏ワザとは?

一方で、信用取引における空売りのシステムを利用した「裏ワザ」とも呼べる株取引の手法が存在します。それは反対売買を行うことによって、昨今人気の株主優待をほぼタダで手に入れてしまうというものです。理論は非常に簡単で、優待が欲しい銘柄に対して配当権利落ち日の前に現物買いと空売りの両方を行い、権利が確定した後に決済するという手法です。これによって株の損利は相殺され、所定の手数料と金利を支払うのみで株主優待を手に入れることができるのです。

信用取引は誰でも行えると言う取引ではありません。証券会社が信用できると判断した方しか利用が出来ません。これまでの証券取引の履歴も重要となってきます。